スタッフ紹介

金丸 慎吾(カネマル シンゴ)【管理者・看護師】

はじめまして、この度、南浦和で訪問看護ステーションの管理者を務めさせていただきます、看護師の金丸です。

大学卒業後、大学病院にて手術室看護師として11年勤務していました。また、手術室併設の集中治療室でも患者様のケアをしていました。

利用者様の為に何ができるのか、スタッフが働き続けられる職場とは何かを常に考えながら、みなさんの生活をよりよく、楽しめる毎日のために、さまざまなお手伝いをしていきます。

訪問看護では、まだまだ分からないことばかりですが、患者様もスタッフも一緒に楽しい日々を送れるようにしていきましょう。

斉藤【看護師】

看護師の斉藤です。

急性期では消化器内科をメインに、回復期では脳卒中後の患者様を中心に、また生活期にある患者様と様々な分野の患者様と関わってきました。

日常生活の中に取り入れる、簡単なリハビリのご提案や、摂食・嚥下領域における看護(経管栄養管理、嚥下機能訓練)が得意です。利用者様、ご家族らしさを大切にしていきます。

岡田【看護師】

看護師の岡田です。

大学病院の腎臓内科を中心に急性期病棟で働いてきました。シャント管理、腹膜透析の指導と管理が得意分野です。

介護施設にて介護度の高い利用者様のケアも行ってきたので、お任せください。

また、私のモットーは“笑顔で明るく元気に!”です。住み慣れたお住まいで、充実した生活が送れるようにお手伝いさせてください。

なんでも、ご相談ください。

大澤【看護師】

こんにちは、看護師の大澤です。

東京都清瀬市出身です。これまで看護師として病棟で15年勤務後、訪問看護で8年間働いてきました。

私が訪問看護の道を選んだ理由は、一人ひとりのご利用者様とじっくり関わって、その方に必要な看護をしたいと思って始めました。

大好きなご自宅で安心して過ごしていただけるように全力でサポートさせていただきます。

私自身も祖父母の希望で最期まで自宅で過ごすという経験をしました。大変だった事や不安もありましたが、看護や介護、在宅主治医、ケアマネージャー様等、多くのサポートがあり、毎日楽しく充実した日々を送ることができました。

そのような体験を多くの方にしていただきたいと思っています。

何よりご利用者様、ご家族の笑顔が見れた時にやりがいを感じます。

関わる全ての皆様と協力して、その方に合った最高の看護ができるように頑張ります。

よろしくお願いします。

長尾【理学療法士】

理学療法士の長尾です。

「急性期~維持期リハビリを経験後、病院でのリハビリに限界を感じて、訪問リハビリの世界に入りました。

訪問リハビリに従事して15年の経験があり、麻痺や痛みに対してのアプローチや歩行等の日常生活動作の分析が得意分野です。

利用者様より、満面の笑顔で『ありがとう!』と言っていただけるように支援させていただきます。

飛田【理学療法士】

理学療法士の飛田です。

埼玉出身です。私はこれまで総合病院や外来クリニック、デイサービスで整形・脳卒中のほか難病や呼吸器疾患の方など急性期〜生活期に渡って担当してきました。また、頻尿や尿もれなどに悩む方に対しても積極的に関わらせていただいておりました。

私が訪問看護の道を選んだ理由は、生活期の方を担当していく中で、もっと時間をかけてしっかりとご利用者様に向き合っていきたいと感じたためです。

実際に担当した方が目標を達成したり、少しでも楽になったと仰ってくださったときはとても嬉しく思います。

住み慣れたご自宅や環境の中で生活が続けていけるように身体機能や日常生活動作の維持・向上を図りつつ、身体に不安の少ない動作を考えていければと思っております。また社会への参加を促す橋渡しとしての存在となれればと思います。

または、ご自身で身体を整えるような簡単な運動方法をお伝えするのが得意です。ヨガや運動、ストレッチなど様々なものを取り入れながら、少しでも皆様のお役に立てればと思っています。

訪問看護の分野は初めてなので、ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、楽しみながら働いていきたいと思っています。よろしくお願いいたします。