訪問暑さ対策!

こんにちは、看護師の斎藤です。
連日の暑さですっかり夏バテ気味です。
そんな私ですが、今回は訪問の暑さ対策についてご紹介したいと思います。

まずは…とにかく水分補給!

スケジュールの都合で、なかなかトイレに行けないときもある訪問看護ですが、夏場はそんなの気にせず、しっかり水分補給しなければ脱水で倒れてしまいます…。糖分・塩分が少し含まれたものだと水分の吸収効率が高まるそうです。夏場はスポーツ飲料や、塩タブレット・干し梅なども過剰にならない程度に摂っていきたいですね。

次におすすめなのが、冷凍ペットボトル!

半日程度は冷たい状態で飲めます。保冷剤代わりに食べ物を冷やしたり、自分の身体を冷やしたりと多機能なので好きです。冷凍出来ると表示のあるペットボトルしか冷凍できませんので、ご注意下さいませ。

そして最近ハマっている、アイスリング!

28度で凍るので移動中の車内で冷風に晒すと復活します!冷た過ぎず、結露しないので肩こりの私でも使えています。模倣品が多いので、ご購入の際はご注意下さいね。

暑過ぎて日焼け対策は諦めました…。熱中症にならないように注意して、毎日元気に訪問に伺います!
皆さまも、どうぞ熱中症に気をつけてお過ごしくださいね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。